食欲不振とアルコール

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲不振とアルコール

食欲不振とアルコールについて

食欲不振にアルコールが効き目があると言われております。

 

コース料理では食前酒というものがあるのですが、このようにアルコールを食事前に摂取することには大きな意味があるのです。

 

もちろん、飲みすぎてしまっては意味がないのですが、適量を心掛けることによって唾液や胃液を分泌させる効果があるので、食欲が増進します。

 

さらに、アルコールには気分を落ち着かせるという効果も期待できるため、食べる気が全く起きないという方は、少量のアルコールを摂取してみてください。

 

もちろん、食欲が正常な方は、毎日アルコールを摂取する必要はありません。

 

ご自分の趣味でアルコールを摂取するのは良いのですが、食欲を湧かせるために無理をして飲む必要はないということです。

 

また、食欲不振を解消できるからといって飲みすぎてしまう方がいらっしゃるのですが、そうなると今度は内臓に負担をかけてしまう可能性があります。

 

それに、ストレスや疲れから引き起こされている食欲不振であるのであればまだしも、胃腸の不調から食欲不振が引き起こされているという場合は、お酒の飲み過ぎによって胃痛が起こるかもしれません。

 

身体に悪影響であることは間違いないので、それによって食欲もさらに低下してしまうでしょう。

 

このように、お酒の飲む量には十分に気をつける必要があります。

 

そして、毎日飲むのも良いとは言えません。

 

どんなにお酒が好きであっても、1週間に2日はアルコールを摂取しない日を設けるべきです。

 

先ほど、食欲を増進させるには少量のアルコールの摂取が良いと説明致しましたが、空腹の状態でお酒を飲むのは、大変危険です。

 

空腹時にアルコールを摂取することで胃の粘膜が刺激されてしまうため、胃炎を引き起こす可能性があります。

 

そのため、お酒を飲む前にはおつまみでも何でも良いので、身体の中に食べ物を入れた方が良いでしょう。

 

胃の中に食べ物があればすぐにアルコールが吸収されるということもないので、酔いも回りにくくなるというわけです。

 

以上のように飲み方に気をつけて、食欲不振を改善するために、アルコールを摂取してみてください。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.