食欲不振とアロマ

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲不振とアロマ

食欲不振とアロマについて

お腹が空いているのに食べる気がしないという方は、心や身体の健康リズムが崩れている可能性があります。

 

身体に原因がある時でも、精神的なストレスが原因となっている時でも、身体の不調となって表れるのです。

 

その症状の一つが食欲不振であると言えるでしょう。

 

そこで、アロマオイルを使用したアロマテラピーで改善してみてください。

 

「アロマはリラックスするためにあるんじゃないの?」と思っているかもしれませんが、食欲不振となる原因の一つにストレスが挙げられます。

 

ストレスや疲れから消化機能が低下し、食欲不振となっていることは十分に考えられるので、アロマテラピーが効果的であるというわけです。

 

もちろん、確実に治せるというわけではないので、胃腸に異常があるという方は病院を訪れた方が良いのは間違いないのですが、日頃の疲労から食欲不振となっている方は、アロマでリラックスしてみてください。

 

そこで、ここではどのようなエッセンシャルオイルが効果的なのかご紹介していきたいと思います。

 

まず、アロマオイルの中で最も人気があると言われている「オレンジ・スイート」が非常に効果的です。

 

これは、オレンジの果皮から採取されており、気分を前向きにする効能があるので、疲れによるストレスが溜まっているという方におすすめとなっております。

 

また、胃腸の調子を整える作用もあるので、食欲不振を改善するのに優れているというわけです。

 

ただし、オレンジ・スイートには弱い光毒性があるため、このアロマオイルを肌につけた後は、日光に当たらないように気をつけてください。

 

刺激も少し強くなっているので、肌が弱いという方は注意した方が良いかもしれません。

 

また、「グレープフルーツ」も効果的です。

 

グレープフルーツにも気分を高揚させ、食欲を刺激する効能があるので、食欲不振の方にはおすすめとなっております。

 

さらに、脂肪を燃焼する働きを持っているので、ダイエットにも効果があると言えるのではないでしょうか。

 

こちらのアロマオイルも刺激性があるので、敏感肌の方が使用するという場合は、注意しなければなりません。

 

このように、効果的なアロマオイルを使用することで、食欲不振を改善できます。

 

心身ともにリラックスをすることで、気分も落ち着いて、食欲も自然と湧いてくるのです。

 

食べたくないという気持ちは十分に理解できるのですが、そのような状態が長期的に渡って続いていると大変危険です。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.