朝の食欲

 

食欲不振の原因

朝の食欲について

朝に食欲がないという方や、朝ごはんを全く食べられないという方はいらっしゃるでしょう。

 

時間がないからという理由で朝食をとらずに学校へ行ったり、仕事に行ったりするのですが、朝ごはんを食べないと頭がしっかりと働いてくれません。

 

朝食をとるのが面倒だと考える方はいらっしゃるのですが、ご飯を食べて糖を脳に送る必要があるのです。

 

朝に食欲がないという方は、前日の夜にご飯を食べ過ぎている傾向にあると思われます。

 

特に寝る前に食事を摂取しているという方は、朝食を食べられないでしょう。

 

そのため、夜遅くの食事を控えたり、夜ご飯を少なめにすることで、朝に食欲が湧いてくるのです。

 

朝食をとるかとらないかで、1日の生活リズムは大きく変化し、その後の活動に大きな影響を引き起こします。

 

朝食を食べて胃腸が働くことで、身体全体が1日の始まりを認識するのです。

 

つまり、朝ごはんを食べないということは、あなたが思っている以上に身体に悪影響を引き起こすのです。

 

また、ダイエットをしている方は食事制限をするために朝食を抜いているかもしれませんが、朝食を食べないことで太りやすいというデータが出ています。

 

それは、朝ごはんを抜くことで間食が頻繁となり、1日の摂取エネルギーが大幅にオーバーする可能性が高いからです。

 

ダイエットを試みようという方ほど、朝食をしっかりと食べるようにしてください。

 

それでも食欲が湧かないという方がいらっしゃるかもしれません。

 

そのような方は、朝食にコーンクリームスープを飲んでみましょう。

 

食欲が無くてもスープであれば喉を通りやすいですし、身体も温めることができます。

 

少しでも食べられるという方は、スープの中にパンを入れて食べてみてください。

 

スープとパンだけであっても、何も食べないよりは遥かに良いのです。

 

また、バナナ・コーンフレークも非常におすすめとなっております。

 

牛乳とバナナは相性が良く、簡単に作れるので一人暮らしをしている男性の方に適しています。

 

このように、1日を元気に過ごすために、朝食をしっかりととるクセをつけるようにしましょう。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.