食欲不振と断食

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲不振と断食

プチ断食って何?

現在では、女性の間でダイエット方法の一つとしてプチ断食が流行っています。

 

断食と聞くと何も食べず、何も飲まずに生活をしていくというイメージがありますが、決してそんなことはありません。

 

1日や2日、飲み物だけで生活をして、一切の食べ物を摂取しないという方法となっており、プチ断食による最大の効果は内臓を休ませられるということです。

 

私たちの身体は絶えずに内臓が働いている状態となっています。

 

運動をすると身体が疲れるように、内臓も疲れてしまうのです。

 

しかし、飲み物しか飲まないプチ断食を行うことによって、内臓を休めて回復させることができます。

 

また、プチ断食をすることで、身体の体温を上げられます。

 

多くの方は食べ物を摂取して、そのエネルギーを燃焼させることで体温が上がると思っているかもしれませんが、実は何も食べないでいた方が余分なものを燃焼させるために体温が上がるのです。

 

さらに、新陳代謝がアップするという効果も期待できます。

 

このようなプチ断食には大きな効果があるのですが、プチ断食を終えた後に一気に食事をしては全く意味がありません。

 

お腹は空いていると思うので、食べたいという気持ちは増幅されると思われますが、急に食べる量を戻してしまうと内臓がビックリして大きな負担がかかってしまいます。

 

そのため、食べたいという気持ちを抑えて、腹七分目を心掛けてください。

 

そして、偏った食生活とならないように十分に気をつける必要があります。

 

 

食欲不振に断食は効果があるの?

「食欲不振に断食は効果があるの?」という質問をされる方はいらっしゃいますが、その効果に関しては何とも言えません。

 

正常な状態であれば、断食をすることでお腹が空くようになりますが、食欲不振の方は、元々お腹が空かないような状態が続いているので、あまり意味がないという可能性もあります。

 

食べたい時に食べるということは大事なのですが、長期的に渡って食欲不振の状態が続いていると、身体はどんどん弱り果ててしまいます。

 

そのような状態でさらに断食をしたら栄養失調になってしまうかもしれません。

 

そのため、断食をするのではなく、食欲不振を改善できるように努力する必要があります。

 

食欲不振の状態が断食と同じような感じであると思うので、少しでも栄養補給をして体力を回復させた方が良いと思われます。

 

大きな病気による食欲不振でなければ、ストレスを解消させることで改善できるかもしれないので、少しずつ治していきましょう。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.