食欲と二日酔い

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲と二日酔い

食欲と二日酔いについて

二日酔いの時は、食欲がないのが一般的です。

 

何か食べなくてはいけないと思っていたとしても、上手く食事を摂取することができないと思われます。

 

しかし、全く食べないでいると体力がつかないので、少し無理をしてでも食べなければなりません。

 

そんな時にはさらっと食べられるものがおすすめなので、お粥やお茶漬けを食べるようにしてください。

 

お粥は少し作るのが大変かもしれませんが、お茶漬けであれば市販のものを利用すればすぐに食べることができます。

 

たった少しでも良いので、二日酔いの時は軽く食べましょう。

 

二日酔いの時は脱水症状を引き起こしている可能性が高いので、適度な塩分を与えることで水分を摂取できるので、胃壁をしっかりと守ってくれます。

 

そして、食べ物と一緒にしっかりと水分をとるということも忘れないでください。

 

お酒が残っているという場合は、水分でアルコールの濃度を薄めてあげることが大切なのです。

 

お粥やお茶漬けにいれる具材としては、梅干が最適です。

 

梅干は肝機能を高め、解毒作用を促進してくれるので、積極的に摂取することをおすすめします。

 

しかし、一番大切なのは二日酔いを引き起こさないということです。

 

仕事上の付き合いで仕方なく飲まなければならないことはあるかもしれませんが、なるべく二日酔いにならないように対策をする必要があります。

 

そこで、ここでは二日酔いにならないためにどうすれば良いのか説明していきます。

 

 

<お酒を飲む前に何か食べよう>

二日酔いを引き起こさないようにするのは、お酒を飲む前に何でも良いので胃の中に食べ物を入れておく必要があります。

 

胃の中がからっぽですと、胃腸からのアルコールの吸収スピードが早まってしまうので、肝臓でアルコール分解の作業が遅れてしまい、酔いやすくなってしまうのです。

 

そのため、あらかじめ食べ物を食べてからお酒を飲むようにしましょう。

 

空腹時のアルコールは大変危険ですので、十分に気をつけてください。

 

<ウコンを飲もう>

コンビニなどで販売されているウコンを、お酒を飲む前に摂取するクセをつけてください。

 

ウコンにはクルクミンという成分が含まれているのですが、この成分は肝機能を高めてくれます。

 

お酒を飲んでいる最中でも構わないのですが、できるのであればお酒を飲む前の方が良いでしょう。

 

ウコンには色々な種類があるのですが、どれも苦味はないのでスッと飲むことができます。

 

そして、お酒を飲みながらでも、水をしっかりと飲むことを心掛けてください。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.