食欲不振とがん

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲不振とがん

食欲不振とがんについて

がん患者さんの中には、食事をとりたいと感じない方がいらっしゃいます。

 

病気による影響だけではなく、がんを患っているということから食欲不振となることが考えられるのです。

 

単に食欲が湧かないという状態だけではなく、病気の影響によって消化機能が損なわれ、食べたくても食べられない状態が続いてしまう可能性もあります。

 

このような方は、点滴を打って栄養補給をするのですが、できるのであれば、自分の口から栄養素を摂取した方が良いでしょう。

 

点滴でも問題なく栄養素を補給することはできるのですが、がん患者さんが食欲不振を引き起こすと、治療の足かせとなることが考えられ、生命の危機にさらされてしまう場合もあるのです。

 

がん患者さんは精神的なストレスや化学療法によって食欲不振となることが多いのですが、そういった明確な理由がないということも考えられます。

 

自分では何も意識していなくても、食欲が湧かなくなってしまうのです。

 

先ほども説明致しましたが、このような状態が決して良いとは言えません。

 

楽しいと感じたり嬉しいと感じるように、満足感を得ることで治療が捗ることもあるのです。

 

食事をとるということが不快感となれば、それだけ治療にも弊害が起きてしまいます。

 

化学療法によって食欲不振が引き起こされているのであれば、それは仕方がないと言えます。

 

がんの治療のためには必要不可欠ですので、食欲不振の解消よりもがんの治療を優先するというのは当たり前です。

 

しかし、そうではないのであれば、できるだけ食欲不振を解消して、食に対する喜びを得られるようにしなければなりません。

 

そのためには、まずいつでも食べることができる軽食を用意しておく必要があります。

 

ちょっとお腹が空いた時用の食べ物を用意しておくことで、手が伸びやすくなるのです。

 

そこまでお腹が減っていないという時でも手が出てしまうかもしれません。

 

また、一度にたくさんの量を食べるのではなく、少しずつ食べるようにしてください。

 

食欲不振の方は大量の食べ物を見ただけでも気持ちが悪くなってしまうという方がいらっしゃるので、小さな器を使用して少しずつ食べるクセをつけるのが適しています。

 

このように、がん患者さんの食欲不振は治療に大きな影響が引き起こされる可能性があるので、早めに改善をしなければなりません。

 

少しずつ対策をしていけば、必ずご飯を食べることができるようになるので、決して諦めないでください。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.