食欲不振とげっぷ

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲不振とげっぷ

げっぷという症状について

炭酸飲料を多く飲んだ時に、げっぷが出てしまうことがあります。

 

人間の生理現象の一つですので、げっぷをしたことがないという方は、いないのではないでしょうか。

 

げっぷとは、胃の中に溜まっている空気が食道を通して口から出てしまう現象を指します。

 

正常な状態であっても食べ物を食べる時に、少量の空気が胃の中に入ることは十分に考えられるので、特に異常があるというわけではありません。

 

また、胃酸が逆流しないように防止している食道と、その筋肉の働きが緩んだりすることでもげっぷは出てしまいます。

 

つまり、健康な状態でもげっぷは引き起こされるのですが、頻繁に引き起こされるようであれば、様々な病気が隠れている可能性があるのです。

 

げっぷが引き起こされる原因として、逆流性食道炎というものが挙げられ、これは食道と胃のつなぎ目に位置している逆流防止弁の働きが正常ではないため、胃酸が食道へ逆流してしまいます。

 

胸が熱くなる現象が引き起こされることもあるので、このような症状の方は、早急に病院に行って治療する必要があるでしょう。

 

 

食欲不振とげっぷについて

食欲不振の症状が表れている時に、げっぷが引き起こされる場合があります。

 

食後にみぞおちが痛んだり、お腹が空いた時に痛みが発生することで、だんだんと食欲不振となってしまうのです。

 

また、精神的なストレスが溜まることで、げっぷが止まらなくなることも考えられます。

 

空気を飲み込む量が増えてしまう呑気症もげっぷが止まらなくなる要因の一つで、これらは全てストレスが大きく関わっているのです。

 

ストレスが溜まると緊張することが多くなると思われますが、この緊張によって空気を飲み込む回数が増え、げっぷが多くなります。

 

食欲不振もストレスから引き起こされることが多いため、2つの症状が一度に表れるという可能性があるのです。

 

この2つの症状を改善するためには、ストレスを解消する必要があります。

 

精神的な負担がなくなれば、自然とげっぷをする回数は減っていくでしょう。

 

そして、食欲も戻っていくはずです。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.