食欲不振と下痢

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲不振と下痢

食欲不振と下痢について

「食欲が全くない」「すぐに下痢が引き起こされてしまう」といったお腹のトラブルに悩まされているという方は、多くいらっしゃると思います。

 

こういったお腹に関するトラブルの多くは、精神的なストレスによって引き起こされている可能性が高いのです。

 

「自分はストレスなんか感じていない」と思っている方はいらっしゃるかもしれませんが、お腹は感情の状態がよく表れる場所となっております。

 

特に大きな病気にかかっていないのに、食欲不振や下痢が引き起こされるという方は、心理的ストレスを疑ってみてください。

 

心理的ストレスが溜まることで、腸をコントロールしている自律神経が刺激を受けて、異常に収縮してしまいます。

 

そのような状態となると、腸の水分を上手く吸収できなくなり、下痢が引き起こされてしまうのです。

 

もちろん、下痢の原因はストレスだけではなく、辛い食べ物や冷たいコーヒーといった刺激物を摂取しすぎることで引き起こされる場合もあります。

 

「冷たいものを飲みすぎてお腹が痛くなった」という経験がある方はいらっしゃるでしょう。

 

また、果物や豆類に含まれている糖類を摂取することで、腸内に水分が溜まることがあります。

 

豆類は豊富な栄養分が含まれているので、健康に良い食品として有名なのですが、下痢が引き起こされることがあるので十分に注意しなければなりません。

 

下痢の原因はこのようになっているのですが、基本的にはストレスが主であると思ってもらって構いません。

 

精神的なストレスが溜まることで食欲不振になる方がいれば、下痢が引き起こされる方がいるのです。

 

人によって表れる症状が異なるので、改善するのが非常に難しいのですが、お腹の硬直を少しずつ解していくことで胃腸の症状が改善されます。

 

心理的なストレスも和らげることができるでしょう。

 

また、食欲不振と下痢はお腹の不具合であるという共通点があるのですが、直接関係しているということは考えにくくなっています。

 

しかし、「何か食べると下痢になる」と考えすぎることで、気が付いたら食欲不振になっていたというケースは十分にあります。

 

下痢の症状を怖がって何も食べないというのは不健康ですし、何も改善されません。

 

そのような方は、まずは下痢を改善することから始めてください。

 

普段どおりにお通じをすることができれば、自然と食欲も湧いてくるでしょう。

 

食事は人間が生きていくためには欠かせないものですので、しっかりと食べられるような健康状態を保つことが大切です。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.