食欲と寿命

 

食欲不振の原因

食欲と寿命について

食欲をコントロールするということは、寿命が延びることに繋がります。

 

食欲と寿命に関係性はないと思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

食欲をコントロールすることは、健康に繋がり、結果として寿命が延びるということになるのです。

 

では、どうすれば健康でいられるのかというと、体内に何を入れるかで変わってきます。

 

現代の食品には、放射性物質や保存料、化学薬品などが含まれている場合が多いのですが、これらの物質を摂取していると遺伝子が傷つけられ、寿命が短くなります。

 

食欲を調節して食べ過ぎないようにすることは大事なのですが、口に入れる食品にも十分に気をつけなければなりません。

 

また、これは食欲とはあまり関係ない話かもしれませんが、タバコを吸うと寿命が短くなるというデータが出ています。

 

このデータでは、タバコを1本吸うことで寿命が約5,5分間短くなると言われているのです。

 

中にはたった5分間であると考えるかもしれませんが、そのタバコを毎日吸っていると相当長い時間になるのです。

 

それに、タバコを吸うことで食欲が減退する方が多いので、できる限り吸わない方が良いということは間違いありません。

 

そして、食欲と寿命を考える上で、1日のカロリーの摂取量は非常に大事です。

 

健康のために様々な栄養素を摂取することは大切なのですが、カロリーの摂取量を抑えることで、人間の中に眠っている長寿遺伝子を活性化させることができます。

 

常に満腹の状態で過ごしていると、長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子のスイッチが入らないので、どんどん老化してしまいます。

 

しかし、ある程度食事の量を控えて、空腹の時間を長くすることで、この遺伝子がしっかりと働き、寿命を延ばしてくれるというわけです。

 

もちろん、少食過ぎても栄養素が不足して危険な状態となる可能性があるので、気をつけなければなりません。

 

つまり、食欲と寿命を考える上で、過食にも少食にもなってはいけないということです。

 

食欲をコントロールして、食事量の調節をするのは大変なことなのですが、長生きをするためには必要不可欠であると言えるでしょう。

 

上手く食欲を抑制できないという方は、ワインに含まれているレスベラトロールという化合物を摂取してください。

 

この成分は抗がん作用や心臓病を予防し、食欲を抑えてくれます。

 

寿命を延ばす効果も認められているので、飲み過ぎないように摂取すると効果的です。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.