食欲と風邪

 

食欲不振の原因

食欲と風邪について

風邪を引いていると食欲が湧かないという方が多いと思われますが、身体がウイルスとしっかりと戦っている時こそ、ボリュームがある栄養満点の食事をとらなければなりません。

 

食事が喉を通らないということで何も食べないと、回復するのに時間がかかってしまいます。

 

食欲がないということで、普段のようには食べることはできないかもしれませんが、たとえ少量でも口に含んだ方が良いのです。

 

栄養価の高いものを食べれば基礎体力がつくので、それだけ回復も早まります。

 

それに、胃に食べ物を何も入れない状態で風邪薬を服用すると、胃が荒れてしまう危険性があるので気をつけなければなりません。

 

風邪の症状が悪化すると辛いのですが、早く治すために多少は無理をしてでも食べるようにしてください。

 

ここでは、風邪で食欲がない時にどのような食事を摂取すれば良いのか説明していきたいと思います。

 

 

<消化の良いものを食べよう>

風邪を引いている時は、脂っこい料理を避けて、できるだけ消化の良いものを食べるようにしましょう。

 

お粥や雑炊は胃に優しい食べ物ですので、積極的に食べるようにしてください。

 

たとえ少量でも口に含むことが大切です。

 

<ビタミンCを多く含むものを食べよう>

ビタミンCには、白血球の働きを促進して免疫力を高めてくれるので、普段よりも多く摂取する必要があります。

 

そして、身体の代謝を円滑にする効果もあるので、ビタミンCがたっぷりと含まれている果物や野菜を食べてください。

 

リンゴやミカン、ほうれんそうといった食品が一般的です。

 

また、喉や鼻の粘膜を保護するビタミンAも多く摂取することで、回復力は早まります。

 

<刺激物を食べないようにしよう>

風邪を引いている時は胃が弱まっているので、辛いものや塩分・糖分を多く含む食事は控えるようにしてください。

 

胃を刺激させてしまうことで、風邪が治りにくくなってしまいます。

 

<水分を多くとろう>

栄養価の高い食事をとることは非常に大切なのですが、水分補給も必要不可欠です。

 

発熱を伴う風邪を引いている場合、身体が発汗することで熱を外に逃がそうとするため、体内の水分は不足してしまいます。

 

そこで、脱水症状を引き起こさないために、しっかりと水分を摂取しなければならないのです。

 

それに、水分をとることで喉の炎症を抑えられるので効果的であると言えます。

 

飲み物に加えて、野菜スープや味噌汁を飲むと、同時に栄養分を摂取できるので試してみてください。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.