食欲不振と倦怠感

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲不振と倦怠感

倦怠感とは?

倦怠感とは全身または局所的に人が生活をしていくにあたって、身体的・精神的に障害が引き起こされることを指します。

 

人によって症状は異なるのですが、全身がだるい感覚に襲われてしまうことが多くなっております。

 

しっかりと食事をとったり睡眠をとったりしても、元気にならないので、非常に困難な症状であると言えるでしょう。

 

そして、ただ身体がだるいだけではなく、吐き気やめまいといった症状を伴う場合もあります。

 

倦怠感が引き起こされる原因は幾つか考えられるのですが、貧血の症状の一つであることが多くなっております。

 

このタイプの倦怠感は、「ふらつきやすい」「少し動いただけで息切れする」といった症状が一般的です。

 

また、うつ症状が原因で倦怠感が引き起こされることもあります。

 

うつ病にまでは至らないまでも、精神的にストレスを感じているという方は、ちょっとしたことでイライラしてしまったり、何事にも興味がなくなったりしてしまいます。

 

倦怠感は原因によって解消法が異なるので、改善したいという方は、まずは何が原因で倦怠感が引き起こされているのか把握しなければなりません。

 

 

食欲不振と倦怠感について

食欲不振と倦怠感が一緒になって表れる場合があります。

 

その場合は、夏バテである可能性が高いのです。

 

外が暑いからといって、クーラーが効いた部屋で長く過ごしていると、外の気温との変化に身体がついていけなくなり、自律神経が乱れてしまいます。

 

また、冷たいものばかりを食べることで、栄養状態が悪くなり、睡眠不足が重なってストレスが溜まることでも夏バテは引き起こされます。

 

そして、食欲不振や倦怠感といった症状となって表れるのです。

 

身体が疲れていると、何も食べたくないと思うようになり、食欲不振の症状がどんどん悪化してしまいます。

 

このような状態を改善するには、まずしっかりと栄養補給をするように心掛けてください。

 

食欲不振の状態ですと、食事を見ても食べる気が起きないかもしれませんが、栄養が不足していることで同時に倦怠感も引き起こされるので、多少は無理をしてでも食事を摂取しなければなりません。

 

何も食べたくないと感じている時は、ビタミンBの不足が考えられるので、うなぎ・豚肉・豆腐といった食品を食べることでしっかりと補給できます。

 

豚肉は無理でも、豆腐は食べやすいので、ポン酢などを使用して少しでも食事をすることが大切です。

 

倦怠感の症状を放置しているとうつに移行する可能性があるので、なるべく早く改善するようにしましょう。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.