食欲と緊張

 

食欲不振の原因

食欲と緊張について

緊張して食欲が落ちるというのは、決して異常ではありません。

 

慣れない環境で食事をしたり、あまり仲良くない方と食事をしたりすると、食欲が落ちるという方は多くいらっしゃいます。

 

人は緊張をすると、喉が渇いたり顔が赤くなったりして、食欲がなくなるものです。

 

そのため、特に気にする必要はありません。

 

そのような時は精神的にストレスが降りかかっている可能性が高いので、無理をして食べなくても良いと思われます。

 

緊張が解けて落ち着いた雰囲気となれば、きっと食欲は戻ると思います。

 

そのような状態となるまで待つ必要があるのです。

 

もし、緊張している状態で無理をして食事をしようとすると気持ちが悪くなってしまいますし、吐き気が引き起こされることもあります。

 

また、「何か食べなければ」と感じることが、さらにストレスとなっているのです。

 

仕事上の会食とかで食べなければならないという場合は、食事が喉を通らないということをきちんと伝えれば、大きな問題とはならないでしょう。

 

このような状態を伝えて、無理をしてでも食べろという方は滅多にいらっしゃらないと思います。

 

申し訳ないと感じてしまうかもしれませんが、無理をして食べたところで全く意味がありません。

 

緊張はすぐに改善されるものではないので、その緊張が解れるまで待つしかないのです。

 

とは言っても、そのストレスが慢性的に続くのであれば、それは問題であると言えます。

 

食欲がない時に無理をして食べることは非常に辛いのですが、3食しっかりと食べて栄養補給をしなければなりません。

 

人はストレスを感じている時にかなりのエネルギーを消費するので、栄養補給を怠っていると、体調はどんどん悪化してしまいます。

 

「ダイエットにはちょうど良いかも」と思う女性の方はいらっしゃいますが、ストレスを利用してダイエットをするのはおすすめできません。

 

そのような無理なダイエット方法では心身共に負担がかかってしまいますし、長く続けることは困難であると言えます。

 

それに、リバウンドをする可能性も出てくるので、十分に気をつける必要があります。

 

お菓子やウィダーインゼリーなど何でも良いので、食欲がない時は自分が食べられるものを摂取するように心掛けてください。

 

栄養を補給すれば、ストレスも少しは解消されるのではないでしょうか。

 

緊張するなとは言いませんが、緊張して食欲がないという場合は、それなりの対策をしなければならないのです。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.