高齢者の食欲不振

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >高齢者の食欲不振

高齢者の食欲不振について

高齢者は若い頃とは違って様々な体調の変化を感じることが多く、年齢を重ねて身体の機能が低下したことが大きな理由となっております。

 

その体調の変化の一つが食欲不振で、脳の視床下部にある食欲中枢に何かしらの異常が生じ、摂食しようという命令と満腹を感じて食べるのをやめようという命令のバランスが崩れやすくなるのです。

 

若い女性ならば、「食欲不振になれば食べ物を食べずに済むからダイエットに繋げられる」と考えるかもしれません。

 

しかし、高齢者の場合はただでさえ身体の機能が低下したり体力が落ちたりしておりますし、その状態で食欲不振に陥れば十分に食事から栄養素を摂取できず、健康上で大きな弊害があります。

 

風邪気味でたまたま体調不良を訴えているだけかもしれませんが、高齢者の場合は食欲不振が心身のSOSだと捉えられます。

 

そのため、一緒に住んでいる高齢者の方が「急に食事をとらなくなった」「食事の量が減っている」「元気がなくなっている」という状態に陥った場合は、体調に変化・異常がないか確認した方が良いでしょう。

 

そもそも、なぜ高齢者は食欲不振を訴えやすいのか以下では説明しているので、一度参照しておいてください。

 

 

・空腹を感じる中枢神経が衰えて食が細くなっていく

・入れ歯の着用によって上手く噛めず食事を楽しめなくなった

・視覚や嗅覚といった感覚器官が衰えて食事中の楽しみが減った

・思うように身体を動かせなくなって運動不足に陥り、お腹が空かなくなった

・孤独感や喪失感を覚えて精神的に不安定な状態になっている

 

 

食べたいという欲求がないのにも関わらず、無理に食べ物をお腹の中に入れていても毒かもしれません。

 

とは言え、高齢者はただでさえ身体の機能が衰えて病気を患いやすくなっておりますし、食事から摂取するビタミンやミネラルといった栄養素は大事です。

 

そこで、少しでも食欲をアップさせて食べることへの楽しみを思い出させるためにも、以下のような対策を練ってみましょう。

 

 

・歯や義歯、嚥下に異常が引き起こされていないかどうか確認する

・感染性の胃腸炎によって吐き気や下痢などの症状を訴えていないかどうかチェックする

・料理のいろどりや見た目に気を配って食べたい欲求を高めてあげる

・食事が楽しくなるように家族みんなで食べる

 

 

上記のような対策を練っていれば、自然と食欲不振が改善されるかもしれません。

 

もちろん、高齢者の場合は身体に引き起こされている病気で食欲不振に陥っているケースもあるため、あまりにも長期間に渡って続く場合は病院を受診してみてください。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.