食欲不振と薬

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲不振と薬

食欲不振に効き目がある薬について

食欲不振は食事が上手く摂取できない症状ですので、食べ物によって改善することができないという方が多いと思われます。

 

そのため、ドラッグストアに売っている市販薬に頼ってみてください。

 

食事をとらないでいると、健康はどんどん損なわれてしまい、様々な病気にかかってしまう可能性もあるのです。

 

そういった時は薬を使用した方が良いでしょう。

 

しかし、既に服用している薬によって食欲不振が引き起こされている場合もあります。

 

そういった薬による効果が見られないという方は、一度服用を中止することをおすすめします。

 

それで、食欲が湧けば市販薬を使用しなくても済むのです。

 

さて、このような点に注意して、このページで紹介されている市販薬を使用してみてください。

 

 

<胃腸薬を服用しよう>

胃腸の不調によって食欲不振が引き起こされている可能性があるので、胃腸薬を服用してみてください。

 

太田胃酸やキャベジンといった薬が有名となっており、胃の調子を改善して食欲不振を改善することができます。

 

薬によって、食前に飲むタイプと食後に飲むタイプに分けられているので、服用する前にしっかりと薬剤師の説明を聞いた方が良いでしょう。

 

消化酵素の働きを改善して消化を助けたり、胃の粘膜を保護する市販薬もあるので、非常に効果的です。

 

<ヒスロンHを服用しよう>

ヒスロンHはホルモン剤の一種なのですが、食欲不振や悪液質に対する効果があると言われております。

 

海外で頻繁に使われている薬で、乳がんや子宮がんの治療にも用いられているのです。

 

保険の関係で一般病棟では処方しにくいのですが、食欲不振に悩んでいるという方は、是非服用してみてください。

 

<ペリアクチンを服用しよう>

抗アレルギー薬の一種であるペリアクチンは、食欲増加の副作用があるので、その副作用を利用して食欲不振を改善できるのです。

 

ペリアクチンは効果の高い薬ですので、1回半錠でも効き目があります。

 

ただし、ペリアクチンを服用することによって、筋肉が緊張して身体の動きが悪くなる錐体外路症状といった副作用が引き起こされることがあるので、十分に注意しなければなりません。

 

 

このような市販薬や処方薬を服用することによって、食欲不振を改善できるかもしれません。

 

確実に効き目があるというわけではありませんが、症状を改善するために使用する価値は十分にあります。

 

ただし、中には副作用のある薬もあるので、心配な方は専門医に相談してみてください。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.