食欲を紛らわす

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲を紛らわす

食欲を紛らわす方法について

ここでは、食欲を紛らわす方法について説明していきたいと思います。

 

食欲が強すぎて困っているという方はいらっしゃると思うので、このページで改善方法をチェックしてみてください。

 

食事は多すぎても少なすぎても身体に悪影響を引き起こすので、ちょうど良い量を摂取しなければなりません。

 

その量を見極めて、食欲をコントロールするのは非常に困難なのですが、健康を考えるには欠かすことができないのです。

 

 

<自分の趣味に没頭しよう>

食欲を紛らわすには、自分の趣味に没頭するのが一番です。

 

自分が集中できれば何でも良いのですが、「マンガを読む」「ゲームをする」「音楽を聴く」「散歩をする」「映画を観る」といったように、自分の好きなことを試してみてください。

 

自分の好きなことであれば食べ物のことを忘れられるので、食欲を紛らすことができるというわけです。

 

ダイエットをしている方は、無理に空腹感を紛らわせようとすると、さらにストレスが溜まってしまうかもしれません。

 

そのため、適度にリラックスできる方法を選ぶことが大切です。

 

自分の趣味に没頭して、さらに気分転換ができれば、食欲のことは気が付かないうちに忘れているでしょう。

 

<睡眠をとる>

お腹が減る前に睡眠をとることで、食欲を紛らわすことができます。

 

紛らわすというよりも、忘れさせると言った方が良いかもしれません。

 

しかし、お腹が減ってから眠ろうとすると、空腹で全く眠れないことが考えられます。

 

目を瞑っていても食事のことを頭の中で考えてしまうので、寝付くことができないというわけです。

 

そこで、食事の時間を調節して、眠る時間にお腹が減らないようにコントロールする必要があります。

 

ただし、寝る直前に食べ物を食べてしまうと、内蔵が寝ている最中に消化活動や吸収を行うため、深い眠りを得ることができません。

 

睡眠不足になる可能性が非常に高いので、睡眠前の食事には十分に気をつけてください。

 

できるのであれば、眠る5時間前には食事をとらない方が良いです。

 

<お風呂に入ろう>

最近は、シャワーしか浴びないという方が多いかもしれませんが、食欲を紛らわせたいという方は、ゆっくりと湯船に浸かってリラックスしてみてください。

 

柑橘系の入浴剤を使用して香りだたせることで、食欲を抑制できるのです。

 

合成のものよりも天然の入浴剤の方が効き目があるので、是非試してみましょう。

 

パッケージの裏を確認することで合成なのか天然なのか判断できます。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.