食欲が満たされない

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲が満たされない

食欲が満たされないという方へ

いくら食べても食欲が満たされないという方は、いらっしゃるかもしれません。

 

過食傾向が強く、お菓子やカップめんなどの間食をした後に、普段通りの食事を済ませるという方も少なくないのです。

 

食欲が満たされないので食べてしまい、その後に嘔吐を繰り返すという自分が嫌になってしまう方もいらっしゃいます。

 

このような方は、栄養のバランスが偏っている可能性があります。

 

食欲は脳が信号を出しているのですが、詳しい栄養素まで信号を出しているわけではありません。

 

つまり、ビタミンが足りなくなったからといって、「ビタミンが足りない」という信号を出しているわけではないのです。

 

そのため、しっかりと自分で健康管理をして、栄養素のバランスを考えて食事をしなければ、栄養分が偏ってしまいます。

 

間食を多くしているという方はお菓子などを食べていると思われますが、スナック菓子にはたっぷりと炭水化物と塩分が含まれております。

 

炭水化物は人間にとって必要不可欠な栄養素であり、不足がちになることで脳が上手く機能しなかったり、疲れが溜まったりしてしまうのです。

 

しかし、炭水化物が不足しているという方は、あまりいらっしゃいません。

 

多くの方が炭水化物を取りすぎる傾向にあるのですが、使われなかった炭水化物はやがて脂肪に変換されてしまいます。

 

これが、太る一番の原因です。

 

脂肪が溜まるのにも関わらず炭水化物ばかりを摂取する方が多く、そのような方はストレスで食べたいという気持ちで満たされ、どんどん栄養素が偏るので悪循環となるわけです。

 

このように、食欲が満たされないという方は、炭水化物を多く摂取している傾向にあります。

 

そこで、大量に摂取しがちである炭水化物ではなく、不足がちになりやすいタンパク質・ミネラル・ビタミン・脂質・食物繊維をバランス良く摂取するように心掛けてください。

 

もちろん、普段の食事から全ての栄養素を摂取するように考えるのは、非常に難しいと言えるでしょう。

 

1日であればまだしも、毎日定期的に続けるのは現実的に厳しいかもしれません。

 

そのため、普段の食事から不足しそうな栄養分がありそうだなという方は、サプリメントやタブレット類で補うことをおすすめします。

 

錠剤であれば簡単に摂取できますし、不足しがちな栄養素であっても、簡単に体内に取り入れることができるのです。

 

食欲が満たされないという症状は辛いのですが、なるべく間食をしないように心掛けてください。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.