食欲不振と老人

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲不振と老人

老人の食欲不振について

食欲不振は老人でも引き起こされることがあり、高齢者の場合は食欲が低下することで障害や疾病が起こることも考えられます。

 

そのような状態となると満足に栄養素を摂取していないので、回復力も低下し悪循環となるのです。

 

これは何も老人に限った話ではありませんが、健康と食欲は大きな結びつきがあるので、しっかりと栄養をとることを心掛けなければなりません。

 

さて、老人が食欲不振を引き起こす原因は、肉体的なものと精神的なものに分けられます。

 

これは多くの高齢者に言えることなのですが、年齢を重ねるごとに肉体的に衰えてしまうので、日常的な活動が衰えてしまいます。

 

つまり、エネルギーを消費することが少なくなるため、食欲不振が起こってしまうのです。

 

また、味覚が減退したり、咀嚼する力が低下することで食事に対しての意識が弱まるからであるとも言われております。

 

それに、加齢によって消化器官の機能も衰えてしまうため、食べ物の消化に時間がかかり、腸の中にいつまでも食べ物が残ってしまうため、身体が食事を受け付けなくなるのです。

 

このような原因による食欲不振を改善するために、食べ物を小さく切ったり、流動食にしたりして、咀嚼嚥下機能に合った食事方法を考えなければなりません。

 

食べ物が食べやすくなれば、自然と食欲は湧いてくると思われます。

 

こういった肉体的な原因以外ですと、精神的に不安定になることで食欲不振となる場合があります。

 

特に一人で生活している老人の方は、持病や疾病の不安や孤独から先のことが心配になり、食欲不振となりやすいのです。

 

このような感情が気付かないうちにストレスとなり、間脳にある視床下部というところでコントロールされている感情によって食欲不振が引き起こされるというメカニズムとなっております。

 

ご家族と一緒に生活をしている老人の方はまだしも、一人で生活をしている高齢者はそれだけで、心身に負担が表れてしまうのです。

 

そこで、「安心できる環境」「安心できる家族・近所の知り合い」を見つけてみてください。

 

現代はご近所付き合いが大分なくなってしまいましたが、町内会などに積極的に参加して、他の方とコミュニケーションをとることで不安感をなくすことができます。

 

そして、ご家族と一緒に生活をしているのであれば、できるだけ家族全員で食事を摂取するようにしてください。

 

精神的負担を減らしてあげることで食欲不振を改善できるのです。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.