食欲不振と生理

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲不振と生理

食欲不振と生理について

生理中に食欲不振となることで、不安を抱いている女性の方は多くいらっしゃいます。

 

生理中はただでさえ精神的に不安定になってしまうので、たくさんの症状が重なって引き起こされるというのは、非常に辛いことだと思います。

 

そのため、生理が引き起こされる度に、うつになるという方もいらっしゃるのです。

 

多くの女性が悩んでいることですので、少しでも良い状態になりたいと思うのは、決して不思議ではありません。

 

しかし、生理中に食欲が減退するというのは、異常なわけではないのです。

 

生理が始まる直前となると、骨盤の中で鬱血状態が引き起こされるので、骨盤の中が充血してしまいます。

 

そのため、子宮がだんだんと大きくなり骨盤にある神経層を圧迫するので、下腹付近が張ったような状態となるのです。

 

生理中に下痢や便秘が引き起こされる方が多いというのは、このためです。

 

そして、生理中には疲労感や不快感も同時に表れることが多いので、食欲不振となることは決しておかしくはありません。

 

「食事をするとお通じが悪くなる」「便秘で何も食べたくない」と感じてしまうため、食欲が正常な状態とは異なって、思うように食べられなくなるのです。

 

このような症状は、生理が終わるまで続くと思ってもらって良いでしょう。

 

しかし、逆に言えば生理から引き起こされている食欲不振は、生理が終われば改善されるので、それまでは我慢するしかありません。

 

無理して食事をすることはできないかもしれませんが、自分のペースで食べられるものを少しずつ摂取することをおすすめします。

 

いくら生理中だからと言って、何も食べないというのは身体に悪いですし、さらに生理の症状を悪化する可能性もあります。

 

つまり、少しでも口に食べ物を入れられるならば、栄養補給をした方が良いのです。

 

もし、固形物を摂取することができないのであれば、スープや流動食を食べてみると良いでしょう。

 

温かいスープを飲めば栄養分を補給できますし、生理から引き起こされるイライラも解消することができます。

 

生理は心理的なストレスを感じてしまうものですので、心を落ち着かせるということが大事です。

 

このように、生理は血液の循環が損なわれることで、様々な症状が発生してしまいます。

 

身体が勝手に体重調節をして食欲不振となっているわけではありません。

 

毎回、生理の度に食欲がなくなるのはおかしいと感じるかもしれませんが、誰にも引き起こされる現象ですので安心してください。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.