生理中の食欲

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >生理中の食欲

生理中の食欲について

生理前から生理中にかけて食欲が増してしまうという方がいらっしゃいます。

 

これは、生理中に分泌される女性ホルモンの影響によるものなのです。

 

食欲とホルモンで説明致しましたが、卵巣からはプロゲステロンとエストロゲンという黄体ホルモンが分泌されます。

 

生理が始まることで分泌されるのがエストロゲンで、妊娠ホルモンと呼ばれているのがプロゲステロンです。

 

生理前にこのようなホルモンが分泌されるのですが、これは体内の水分を保つと同時に、多く分泌されることで血糖値が低くなります。

 

血糖値が低くなることで空腹を感じるようになるので、食欲が増してしまうというわけです。

 

ダイエットをしている方は、なるべく炭水化物を摂取しないようにしているかもしれませんが、この成分は血糖値を正常に維持するために必要不可欠となっております。

 

炭水化物が不足していると、血糖値の上がり下がりが激しくなるので、一時的に満腹感を得られるものの、すぐに空腹感が引き起こされるので、食欲が増してしまいます。

 

そのため、血糖値が低くなりやすい生理中こそ、変動を抑えるために炭水化物を摂取しなければなりません。

 

さらに、血糖値が低くなると自律神経が乱れやすくなります。

 

生理中にイライラしやすい女性が多いのは、ホルモンの影響によって低血糖となり、自律神経が乱れるためなのです。

 

もちろん、これは誰にでも引き起こされることですので、そこまで気にする必要はありません。

 

女性ホルモンがしっかりと分泌されるのは正常な証拠ですし、身体に異常が起こっているわけではないのです。

 

しかし、異常な食欲に悩まされ、甘いものを我慢できなかったり、お腹いっぱいになるまで食べ物を摂取してしまったりということで、気にしている方は多くいらっしゃいます。

 

そこで、ストレスを発散させたり、軽めの運動を行ったりして、リフレッシュするように心掛けてください。

 

そうすれば、自然と食欲は抑えられるはずです。

 

たまに、生理中の食欲を抑えたいということで、食欲抑制剤に頼る方がいらっしゃるのですが、生理中はホルモンバランスが不安定な状態となっているので、そのような副作用の強い薬を服用するのは大変危険です。

 

さらに、症状が悪化してしまうという可能性も十分に考えられるので、薬には頼らないようにしてください。

 

生理が終われば元通りの食欲になる方が多いので、生理中に太ることを気にする必要はありません。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.