食欲を抑える食品

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲を抑える食品

食欲を抑える食品について

食べ過ぎて摂取カロリーがオーバーすると、確実に太ってしまいます。

 

摂取カロリーを消費カロリーが上回っていれば良いのですが、運動だけでは意外とカロリーを消費しないので、難しいと言えます。

 

そのため、太らないようにしたり食欲を抑えたりするには、食事の種類を変えなければなりません。

 

過剰な食欲は健康を損ねてしまうので、早急に改善しなければならないのです。

 

今までの食欲を抑制するというのは非常に辛いことなのですが、食べ物を利用して食欲を自然に抑えてください。

 

食欲を抑える効果のある食品としては、バナナ・乳製品・大豆・うなぎ・カキなどが挙げられます。

 

バナナは食欲を抑えるだけではなく、精神的に安定させる効能もあるので、ストレスが溜まっているという方に効果的な食品です。

 

また、バナナにはセロトニンという物質が含まれており、この成分の濃度が増えることで脳は満腹感を得るので、食欲が抑えられる仕組みとなっております。

 

間食としてスナック菓子を食べてしまう方は多いかもしれませんが、食べ過ぎないようにするにはバナナが適しているのです。

 

また、乳製品や大豆製品も過剰な食欲を抑制するのに適しています。

 

乳製品の中でも牛乳が適しているのですが、この中にハチミツを入れることでより高い効果を得られます。

 

ダイエットをしている方は、カロリーの過剰摂取が気になるかもしれませんが、間食で他のものを食べるよりかは、ハチミツ入りの牛乳を飲んだ方が良いのです。

 

そして、うなぎやカキには亜鉛が多く配合されており、「食欲とホルモン」で説明したレプチンの分泌を促進してくれるので、食欲を抑えてくれます。

 

ダイエットをして痩せたいという方や、異常な食欲を抑えたいという方は、ここで説明している食品を摂取するように心掛けてみてください。

 

さらに、食べる食品に気を配るだけではなく、ゆっくりと食べることも大切です。

 

満腹中枢が働き始めるのは、ご飯を食べてから約15分〜20分ほどかかると言われているので、早食いは食べ過ぎてしまう危険性があります。

 

ゆっくりと食べようと思っていても、ついつい急いで食べてしまう方がいらっしゃるので、そのような方は良く噛んで食事をとるようにしてみましょう。

 

そうすれば、早く食べてしまうクセを直せると思われます。

 

ゆっくりと食べれば食べるほど、胃の拡張も期待できるので、時間をかけて食事をとることは、食欲を抑制するために必要不可欠です。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.