食欲と薬

 

食欲不振の原因

食欲を抑える薬について

食欲を抑える薬に関しては、食欲抑制剤で説明したのですが、このページでは日本で唯一販売が許可されているサノレックスについて詳しく説明していきたいと思います。

 

サノレックスは確かに食欲を抑える薬として非常に適しているのですが、決してダイエットをしている方のために作られたわけではありません。

 

本来は、重度の肥満で悩んでいる方が、運動療法や食事療法と合わせて服用するために作られたのです。

 

サノレックスは日本で承認されているのですが、ダイエット目的で使用するのは避けた方が良いでしょう。

 

確かに効果は非常に高く、脳の摂食中枢に直接働きかけ、食欲が引き起こされないようにしてくれます。

 

ただし、サノレックスに含まれているアミンという成分は覚せい剤に似た特性を持っているので、睡眠障害・便秘・眩暈・吐き気・嘔吐といった副作用が起こる可能性があります。

 

食欲を抑えるには最適ですが、個人の判断で服用するというのは大変危険です。

 

専門的な知識がないのにも関わらず服用を試みると、非常に危険ですので、まずは専門医に相談した方が良いかもしれません。

 

サノレックスを入手するためには、病院に行けば良いのですが、ダイエットが目的であるという方は保険適応外となります。

 

重度の肥満の方は保険が利くのですが、個人の判断で使用したいという場合は、自費で購入しなければならないのです。

 

サノレックスを長期的に服用すると副作用が引き起こされる確率が高まるので、なるべく薬を使用しないでダイエットを試みた方が良いと言えるでしょう。

 

ダイエットをして身体を壊してしまっては意味がありません。

 

 

食欲を亢進させる薬について

日本では食欲を亢進させる薬についての研究をしていました。

 

拒食症の方は食欲が湧かないので、このような患者さんのために開発しようとしていたのです。

 

これは、グレリンというホルモンをターゲットにしていました。

 

このグレリンを動物に投与することで、食欲が亢進してエサの摂取量が増えたので、人にも効き目があるのではないかと考えられたのですが、人には効果を示さなかったのです。

 

なぜ効果を示さなかったのか理由は分からないのですが、食欲亢進剤として可能性がある薬は残っているので、これからの開発に期待するしかありません。

 

食欲を抑えたいという方ではなく、食欲を湧かせたいという方はいらっしゃるので、安全に服用できる薬の開発を積極的に行ってもらいたいと思われます。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.