食欲抑制剤

 

食欲不振の原因

食欲抑制剤とは?

食欲抑制剤とは、高度肥満者のために開発された薬で、食欲を抑えてくれる効果があります。

 

その効果は配合されている成分によって異なりますし、人によって効き目は違うのでどのくらいの効果があるのか一概には言えないのですが、サプリメントとは違って薬ですので、高い効果を持ち合わせていると言えるでしょう。

 

インターネットの通販を利用して簡単に手に入れることができ、食欲を抑えてくれるので食べすぎることはなく、結果として痩せられるのです。

 

ダイエットをしているという方は、食欲抑制剤を使用するのが良いかもしれません。

 

ただし、食欲抑制剤を服用することで、不眠・不安感・高血圧・脳内出血・動悸といった副作用が引き起こされる危険性があります。

 

微量であれば大きな影響はないかもしれませんが、ダイエットで体重を少し減らしたいという方は、食欲抑制剤を使用せずに他の方法を試した方が良いかもしれません。

 

もし、服用するという場合は、薬のみに頼るとリバウンドが引き起こされる可能性があるので、食事療法や運動療法をメインに行い、補助的な役割として食欲抑制剤を使うのが良いでしょう。

 

中には、依存性の薬もあるので、十分に副作用を理解してから服用することをおすすめします。

 

薬を使用せずにダイエットを試みた方が良いことは間違いないのですが、ここでは参考のために幾つかの食欲抑制剤をご紹介していきたいと思います。

 

万が一のことも考えて、服用する前に専門医に尋ねてみた方が良いかもしれません。

 

 

<サノレックス>

サノレックスは、日本で唯一承認されている食欲抑制剤です。

 

体重の減りはそこまで早くはないと言われているのですが、効果は高くなっております。

 

ただし、サノレックスは依存性が高く、副作用が起こったという方はいらっしゃるので、長期的に服用するのは危険であると言えるでしょう。

 

サノレックスがなければ生活できないという事態に陥ることも考えられるので、補助的なものとして頭に入れておいてください。

 

<リダクティル>

リダクティルは、セラトニンという物質の働きを抑えることで、食欲を抑えられます。

 

日本では販売が許可されていない薬で、アメリカやヨーロッパなどでは販売されていました。

 

しかし、脳梗塞や心臓発作のリスクが高いということから、販売停止となったのです。

 

リダクティルの服用で死亡例も出ており、ほぼ出回っていない食欲抑制剤なのですが、参考までに頭に入れておきましょう。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.