食欲不振とストレス

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲不振とストレス

食欲不振とストレスについて

多くの方は、過度にストレスが加わることで食欲不振を引き起こしてしまいます。

 

他にもたくさんの原因が考えられるのですが、ストレスが一番多いと言えるでしょう。

 

精神的なストレスが直接的に関わっていることがあれば、ストレスによって胃腸の働きが損なわれ、その結果、食欲不振となることもあるのです。

 

ストレスの原因は、人間関係だったり、疲れの溜め込みすぎであったりと、人によって異なるとは思われますが、どのようにストレスから引き起こされる食欲不振と戦っていけば良いのか、ここでは説明していきたいと思います。

 

 

<ストレスを解消しよう>

これは非常に単純な話なのですが、ストレスから引き起こされている食欲不振を解消するには、その原因であるストレスを取り除けば良いのです。

 

勘違いをしている方がいらっしゃるのですが、ストレスを全く感じないという方は、この世に存在しません。

 

辛いとか悲しいと感じるのは負のストレスなのですが、楽しい・嬉しいと感じるのも正のストレスであると説明できます。

 

つまり、人間の感情自体がストレスであると言えるのではないでしょうか。

 

もちろん、正のストレスは全く悪影響を引き起こさないのですが、負のストレスが溜まることでイライラなどが募ってしまうので、食欲不振を改善するために解消してみてください。

 

自分が楽しいと思うことをしてみたり、ゆっくりとお風呂に入ることでストレスを解消できます。

 

<一口でもご飯を食べるようにしよう>

食欲不振の時は、ご飯を見るだけでも辛いと感じるかもしれませんが、食べなければ食べないほど、体調は悪化してしまいます。

 

そのため、最初は苦しいかもしれませんが、一口でもご飯を食べるように努力してみてください。

 

何を食べないでいても食欲が回復するわけではないので、栄養素を摂取するために、少しは口に含んでみましょう。

 

そうすれば食欲が戻るかもしれません。

 

<料理の組み合わせに気をつける>

食欲不振の時は、料理の組み合わせに気をつける必要があります。

 

ただでさえ食事をする気が起きないのに、自分の嫌いなものばかりが食卓にあると、それだけで気持ちが悪くなってしまうことも十分に考えられます。

 

そのため、好きな食べ物を自分が食べられる量から摂取するようにしてみてください。

 

できれば脂っこいものではなく、口当たりが良い食べ物を摂取すると良いです。

 

また、トマトやセロリは食欲増進効果があるので、食欲不振の時にはピッタリであると言えます。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.