食欲不振と食べ物

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲不振と食べ物

食欲不振と食べ物について

食欲不振となっている時は、身体が疲れていることが多く、体内のエネルギー源であるグリコーゲンが減少していると考えられます。

 

単に身体が疲れているだけではなく、精神的疲労も重なることでさらに症状は悪化すると考えてもらって構いません。

 

つまり、エネルギー源である糖質やタンパク質を摂取することで疲れは改善されます。

 

「食欲不振で何も食べられないから困っている」と考える方はいらっしゃるかもしれませんが、一口でも食べられるものを摂取した方が良いのです。

 

食欲がないという状態ですので、進んで食事ができないかもしれませんが、そのまま食べないでいても、いつまで経っても食欲は湧いてこないでしょう。

 

何も口に入れていないと体脂肪の分解が促進されてしまい、逆に食欲が抑えられてしまいます。

 

そのため、少しでも口に何かを入れることで、食欲が湧いてくることがあるのです。

 

ただし、無理をして嘔吐してしまっては全く意味がありません。

 

そこで、このページでは食欲不振の時にどのような食べ物を食べれば良いのかご紹介したいと思います。

 

是非参考にしてみてください。

 

 

<プルーン>

プルーンは食欲不振の時に効果的な食べ物の一つです。

 

プルーンにはビタミンA・ビタミンB6・カリウム・鉄分・ペクチンといった豊富な栄養分が含まれている健康補助食品であると言えるでしょう。

 

主に病気によって手術を行う前後は低タンパク血症や貧血を伴うので食欲が低下してしまうので、消化や吸収の良いプルーンを食べてみてください。

 

お菓子代わりに軽く口に含むことができるので、気軽に食べられるのではないでしょうか。

 

<梅干し>

梅干しの酸味が食欲を増進させる効果があるので、食欲不振の際には梅干しを食べてみてください。

 

酸味の強い食べ物は消化器官を刺激するので、胃酸などの分泌が盛んになります。

 

これによって消化や吸収も促進されるので、非常に効果的なのです。

 

また、梅干しは強いアルカリ性の食品となっているので、疲れを解消することもできます。

 

身体の疲れから食欲不振が引き起こされることもあるので、梅干しには二重の効果が期待できるというわけです。

 

<春菊>

春菊にもたくさんの栄養分が含まれており、神経失調の予防になるので、食欲不振を引き起こしている方に効果的な食べ物となっております。

 

独特の香りがある春菊は胃もたれの解消にも繋がるので、胃腸の働きが損なわれたことで引き起こされた食欲不振にも効き目があるのです。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.