食欲が止まらない

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲が止まらない

食欲が止まらないという方へ

食欲が止まらないということで、悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

 

自分では食べ過ぎているという意識があったとしても、空腹を我慢することができずに食べてしまうのです。

 

特に女性は、どか食いや無駄食いに悩んでおります。

 

男性であれば、多少は太っていても気にしないという方はいらっしゃいますが、女性の場合は少しでも痩せたいと考えている方が多いのではないでしょうか。

 

「ダイエットをしなきゃ」と思っていても、食欲が止まらないので食べてしまうのです。

 

このような方は、ストレスを溜め込んでいる可能性が高くなっております。

 

ストレスを感じないようにするのは非常に難しいのですが、人によっては過度にストレスを受けることで、食欲が増進するのです。

 

そこで、ここでは食欲が止まらないという方におすすめの対策方法を記載していきたいと思います。

 

ダイエットにチャレンジしている方は、積極的に試してみてください。

 

 

<定期的に運動をしよう>

食欲が止まらないという方は、運動不足の可能性があります。

 

運動をしていないとエネルギーが消費されないので、お腹が減らないことが多いのですが、逆に食欲が止まらなくなってしまう方もいらっしゃるのです。

 

それは、インスリンという物質が関係しています。

 

食事をすると血糖値が上昇するので、その血糖値を下げるためにインスリンという物質が分泌されます。

 

しかし、全く運動をせずに食事を普段と同じようにしていると、インスリンがいくら分泌されてもその働きが損なわれてしまうので、インスリンレジスタンスと呼ばれる状態となるのです。

 

つまり、身体がインスリン不足であると間違った判断をすることで、多く分泌されます。

 

そうなると、空腹中枢が刺激されるので、食欲が止まらなくなるなのです。

 

以上のことから、普段から身体を動かすクセを付けるようにしましょう。

 

<時間をかけて食べよう>

食事をすると、脳の視床下部の満腹中枢というところが、「もう栄養分はいらない」と指令を出すことで、食欲が収まります。

 

しかし、満腹であると感じるまでにはある程度時間がかかるので、早食いをすると機能時間にタイムラグが発生することとなるので、自分が思っているよりも食べすぎてしまうのです。

 

食事中にちょっと休憩をすると、食べられなくなるという経験をした方はいらっしゃると思われますが、これは満腹中枢が出すシグナルが関係しています。

 

そのため、食欲が止まらないという方は、ゆっくりと食べる習慣をつけるようにしてください。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.