食欲不振とうつ病

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲不振とうつ病

食欲不振とうつ病について

うつ病の症状は個人によって異なっており、症状が軽い方がいれば重い方もいらっしゃいます。

 

それぞれ、引き起こされる症状に違いが生じていると言えるのですが、食欲不振は多くのうつ病の患者さんに見られるという特徴があるのです。

 

何気ないことでイライラしてしまったり、精神的に落ち込んでやる気が出なくなるというイメージが強いかもしれませんが、食欲不振による体重減少はうつ病の特徴であると言えます。

 

うつ病は様々なことに対しての意欲がなくなってしまう病気であると説明でき、食べることに対しての意欲も同じようになくなってしまうのです。

 

「何を食べても美味しくない」「味を感じることができない」「口に物を入れたくない」という状態となるので、体重はどんどん減少していきます。

 

とは言っても、何も食べなければ生きていくことはできないので、無理やり口の中に押し込んでいるという方が多いのです。

 

味を楽しむことで食事はさらに楽しくなると思われますが、うつ病の患者さんはそのような感情を得られないので、義務感で食事をするようになります。

 

どのくらい食欲が低下するのか、これは個人によって差が生じているのですが、症状が重い方は1ヶ月で10kgも体重が減少してしまうのです。

 

このような状態で放置していると、命の危険に晒されることも考えられるので、早急に対策をしなければなりません。

 

また、食欲不振だけではなく、逆に食欲が湧いてくるという方もいらっしゃいます。

 

バランス良く食べるのではなく、甘いものや脂っこいものなど、ある特定のものを摂取し続けるという特徴があります。

 

食欲不振であったとしても食欲増加であったとしても、身体に負担をかけているということは間違いないでしょう。

 

うつ病の方はしっかりと医師の診断を受けていると思われますが、医師の指示に従ってうつの症状を改善できるように努力する必要があります。

 

基本的には薬の服用によって、症状を抑えながらうつ病を治していくのですが、すぐに改善される方がいれば、数年間に渡ってうつ病と格闘をしている方もいらっしゃるのです。

 

とは言っても、根気良く治療を続けていけば、症状を改善することはできます。

 

食欲不振の原因がうつ病であるのであれば、それを治すことで正常な状態での食欲に戻ることは間違いありません。

 

どうしても、食べられないという方は、どのように栄養分を摂取していけば良いのか、担当の医師に詳しく訪ねてみてください。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.