食欲を抑制するには

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲を抑制するには

食欲とは?

食欲とは、人間の三大欲求の一つであり、食べ物を食べたいと感じる欲求のことを指します。

 

食欲は身体的な空腹感と平行して引き起こされるのが一般的なのですが、身体の構造は複雑ですので、必ずしも空腹だからといって、食欲が起こるわけではありません。

 

また、食欲は本能的に感じる欲求なのですが、食べ物を見たり匂いを嗅いだりして食欲が湧くこともあります。

 

そして、食欲は何かを食べることによって、充足感が得られるのです。

 

 

食欲を抑制するには

食べ過ぎてしまい、後悔する方はいらっしゃると思います。

 

欲望に身を任せて食べてしまうと失敗することが多いので、何とか食欲を抑制したいと思うはずです。

 

ここでは、どのようにすれば食欲を抑制できるのか説明していきたいと思います。

 

 

<炭酸水を飲もう>

過食してしまうという方は、炭酸水を飲んでみてください。

 

炭酸水を飲むことによって、胃の粘膜の血流が高まり、満腹中枢が刺激を受けるので、食欲を抑えられるというわけです。

 

炭酸水自体が脳の満腹中枢に影響を与えているわけではないのですが、炭酸水に含まれている炭酸ガスで胃が膨らむことで、お腹がいっぱいであると判断するのです。

 

食欲を抑えるために飲む炭酸水は、カロリーなしの無糖が良いと思われます。

 

炭酸水だけでは非常に美味しくないのですが、食欲を抑えるためには効果的ですので、是非試してみてください。

 

<バナナと牛乳を摂取しよう>

バナナや牛乳を飲むことで、食欲を抑制できます。

 

バナナには精神を安定させる効果があり、1本でもお腹が膨らみます。

 

そして、牛乳のような乳製品も、過剰な食欲を抑えることができるのです。

 

ダイエットをしている方は、甘さやカロリーを控えたいと思っているかもしれませんが、結果的に食欲を抑えられるので意味があります。

 

<ツボ押しをしよう>

食欲を抑えるのに効果的なツボ押しをすることで、簡単に食欲を抑えられます。

 

頭のてっぺんにある百会や、耳たぶの近くに位置している飢点などを刺激したり、マッサージすることで湧き上がる食欲を抑制できます。

 

1日や2日では大きな効果を得ることはできませんが、定期的に試してみてください。

 

 

<十分に睡眠をとろう>

睡眠時間が少ないと、満腹中枢が刺激されて食欲が低下するレプチンというホルモンが減少します。

 

つまり、睡眠時間を多くとれば、食欲を抑えられるというわけです。

 

ぐっすりと眠った後は食欲が湧かないと思われますが、これはレプチンというホルモンが関係していると言えるでしょう。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.