食欲不振と幼児・子供

 

食欲不振の原因

食欲不振の原因 トップ >食欲不振と幼児・子供

食欲不振と幼児・子供について

幼児や子供の食欲不振の原因は大人と同じように、色々と考えることができます。

 

特に幼児の場合は、自分の意思を泣くことでしか伝えられない場合もあるので、親がしっかりと子供のことを観察して、適切な対処をしなければなりません。

 

子供は大人よりも身体が小さいので、少しくらい食欲不振になっても大きな影響は引き起こされないと思うかもしれませんが、実は体重1kgが必要とするエネルギー量は、大人の2倍程度にまでなることもあるのです。

 

大人よりも基礎代謝量が多いので、しっかりと食事をとって栄養分を摂取しなければならないので、食欲不振はすぐにでも改善する必要があります。

 

それに、幼児や子供の時期にしっかりと栄養を補給しないと、今後の成長に悪影響が引き起こされるかもしれないのです。

 

そのため、親はしっかりと子供のことを見守らなければなりません。

 

 

幼児や子供の食欲不振の原因について

幼児や子供の食欲不振の原因の一つとして、風邪といった病気によって身体の具合が悪くなり、食べ物を口に入れられないといったことが挙げられます。

 

これは当たり前かもしれませんが、病気をしっかりと治すことを考えてください。

 

大人でも風邪を引いていると食欲がなくなるものですので、仕方がないと言えます。

 

病気を治して元気になれば、食欲も回復していくはずです。

 

また、子供の場合は遊びすぎで疲れて、食欲がなくなってしまうことが考えられます。

 

このような時は水分補給をさせて、十分に休息させてください。

 

ただし、このような病気ではなく、心理的な要因が絡んでいる可能性があります。

 

心理的な要因は色々と考えられるのですが、「家族一緒に食事をすることがない」「楽しく食事をしていない」「親が下にできた赤ちゃんばかりをかまっている」といったように、家族の雰囲気が悪いことで欲求不満となり、それが食欲不振となって表れるのです。

 

子供は親が思っている以上に環境の変化や、家庭の変化に敏感なので、あまりストレスを溜め込ませないように、子供を中心に考えなければなりません。

 

こういったストレスをしっかりと解消できれば、普段通りの食欲となるはずです。

 

もし、幼児や子供が食欲不振となった場合は、無理やり食べさせてはいけません。

 

身体の体調やストレスとは関係なく、日によって食欲が変わる場合があるので、食欲がある時にきちんと食べさせれば良いのです。

 

無理に食べさせようとすることで、それがストレスになってしまうので、十分に気をつける必要があります。

 

 

 

このページのTOPへ
Copyright (C) 2016 食欲不振の原因 All Rights Reserved.